埼玉県富士見市の富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」は、次期芸術監督に多田淳之介を選出した。関西からも含め、全国26名の応募の中から、ホールのマネージャー、住民・利用者の代表、行政関係者、平田オリザなどのキラリ☆ふじみ関係者によって選考が行われ、満場一致で多田に決定したという。多田は来年4月1日に現芸術監督の生田萬と交代する。任期は3年間。


 多田は01年に旗揚げした東京デスロックを主宰するほか、青年団所属の演出家としても活動している。また同ホールでは08年度より、キラリ☆ふじみを拠点に活動する舞台芸術のカンパニーを「キラリンク☆カンパニー」として活動支援を行っているが、東京デスロックもその一つとして活動してきた。

Leave A Reply