一部報道が伝えるところによると、大衆演劇の沢竜二が解雇された非正規労働者を積極的に採用するよう全国150の大衆演劇の劇団に呼びかけると発表した。自らの劇団でも失業した非正規社員を受け入れることを明らかにした。


 大衆演劇はもとより、テレビや映画、そして蜷川幸雄作品でも活躍する沢竜二が、 29日、失業者の積極採用を呼び掛ける連合(高木剛会長)の会見に同席し、自身の劇団で失業した非正規社員を受け入れることを発表した。
 沢は自身の劇団・沢竜二一座で約30人の団員を率いて活動、06年から毎年ブロードウェイ公演も行っている大衆演劇界の大御所。今回の世界金融危機に連動した非正規労働者の雇い止めに関して「困っている人を今すぐ救いたい」と語り、面接の上、5〜10人を裏方を含む劇団員として新規採用すると語った。また全国150の大衆劇団にも2人ずつ程度の失業者の雇用を呼び掛けるという。「給料はそんなに出せないが、劇団に入れば雨露はしのげる。仕事が見つかるまででもいい」と話した。
 劇団への就職に関する問い合わせは沢竜二事務所 Tel 03-3367-3336まで。

Leave A Reply