文化庁は19日、平成20年度の芸術祭賞の受賞者を発表した。演劇関係では、大賞には劇団
文化座と能楽師の茂山千五郎が選ばれたほか、新人賞では劇団ひょっとこ乱舞のチョウ・ソンハが選出された。


 受賞者・団体と対象公演・作品は次の通り。
●大賞:劇団文化座(文化座公演「てけれっつのは?」の成果)
   茂山千五郎(茂山狂言会三世千作 二十三回忌追善における狂言「通圓」の演技)
●優秀賞:寺島しのふ?(シアタークリエ「私生活」の演技)
   横浜能楽堂(横浜能楽堂特別企画公演「武家の狂言 町衆の狂言」の成果)
●新人賞:チョウ・ソンハ(ひょっとこ乱舞第20回公演「フ?ラスチックレモン」の演技)
   上田拓司(第14回照の会における能「江口」半能「石橋大獅子」の演技新人賞)
 贈呈式は関西が来年1月22日に大阪で、関東は同28日に東京で行われる。

Leave A Reply