一部スポーツ紙が報じたところによると、新宿THEATER/TOPSが09年3月末で閉館することを発表した。


 同劇場は1985年に新築されたTOPSビルのオーナーの意向を受けて、新宿駅そばという立地条件の良さと都会的な雰囲気を生かした小劇場としてオープン。横浜ボートシアター『小栗判官』でこけら落としを飾り、その後は三谷幸喜の率いた東京サンシャインボーイズ、カクスコなどがホームグラウンドとして公演を行い、この2劇団の解散公演ではそれぞれ3か月のロングランを行うなど、小劇場界において重要な役割を果たしてきた。
 今回の閉館について劇場側は「劇場が入るビルのテナント見直しで閉館が決まった」と説明、TOPSビルの建て直しによるものとの関係者の声もある。なお、来年3月の閉館に向けては、さよなら公演などの企画も計画されているという。

Leave A Reply