演劇を通じて戦争反対の意思表示を行おうと、演劇関係者有志が集まって毎年夏にリーディング公演を行っている、非戦を選ぶ演劇人の会。6年目の今年は8月25・26日の2ステージ公演で、昨年初演した永井愛作・演出の『9条は守りたいのに口ベタなあなたへ…』を再演する。


 非戦を選ぶ演劇人の会は、2003年2月14日、平和を願う演劇人有志が集まり、日本の有事法制や、当時イラク攻撃を決定したアメリカとそれを支持した日本政府に対し、「対話を重視し、武力による外交手段に反対すること」「人権を軽視する法案に反対すること」「戦争に反対すること」が呼びかけ文として作られ、多くの演劇人の賛同を得て、「イラク攻撃と有事法制に反対する演劇人の会」として活動を始め、同年8月からは現在の非戦を選ぶ演劇人の会という名称で活動を展開。これまでに斉藤憐、永井愛、渡辺えり、坂手洋二、丸尾聡、篠原久美子、野中友博らが台本・演出を手掛け、10本の作品を上演してきた。
 今年はこれまで1日だけの公演では入りきれないお客さんが多いため、2日公演として、8月25・26日に新宿スペースゼロで、昨年永井愛の作・構成で初演された『9条は守りたいのに口ベタなあなたへ…』を再演する。
日時:2008年8月25日(月)、26日(火)
開場 18:30 開演 19:00
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
(スペースゼロの地図)
渋谷区代々木2-12-10全労済会館  TEL 03-3375-8741(代)
JR新宿駅南口より徒歩5分、 京王線、都営大江戸線、都営新宿線の新宿駅6番出口より徒歩1分
主催:非戦を選ぶ演劇人の会
特別協賛:全労済ホール/スペース・ゼロ
問い合わせ:二兎社03-5638-4587(平日10:00〜17:00)
入場料金(全席指定)
一般:1500円 中高生:1000円 小学生以下:500円
前売開始:7月31日(木)
前売券:チケットぴあ TEL
0570-02-9999・9988(Pコード:388-459)
スペース・ゼロ チケットデスク(ネットのみ)
http://www.spacezero.co.jp
*当日券は18:00から劇場受付で販売
<あらすじ>
 舞台は現代の日本。ある町内に、不思議な一団が潜入した。
彼ら・彼女らは未来の世界からタイムマシンでやって来たテレビクルーと「世間話研究家」。ある主婦の行動を未来に向けて実況中継することが目的らしい。その主婦が選ばれた理由は、「憲法を世間話で語りまくった」大変貴重な例として歴史に残っているからだ。彼女は「憲法九条を守りたい」と当然のように考えていた。
 ところがある日、通っているパッチワーク教室で、改憲派の生徒に詰め寄られてタジタジとなる。
「北朝鮮が攻めてきたらどうするのか」「自衛隊がいらないということは、自分の家に鍵をかけないのと同じことだ」……等々。
 こんな時にどう反論したらいいのだろう? 悩んだ彼女は、自分の家族や「横丁のマダム」に相談したり、行きつけの美容院、風変わりな「改憲バー」などで、立場も考えも異なる様々な人たちとこの問題についての「お喋り」を重ねながら、次第に自分なりの考えを深めていく。その様子が、未来のテレビで生中継されているとは夢にも思わずに……。
作・構成:永井愛
演出:永井愛、西川信廣
出演予定者(五十音順):明樹由佳、麻丘めぐみ、板倉光隆、大沢健、大塚道子、小杉美香、坂口良子、沢田亜矢子、関根信一、永島敏行、長山藍子、根岸季衣、平幹二朗、深浦加奈子、毬谷友子(25日のみ)、丸尾聡、みやなおこ、深山洋貴、山川恵里佳、山口馬木也、蓉祟、ラサール石井(26日のみ)、流山児祥(25日のみ)、渡辺えり(26日のみ) 他
舞台美術:加藤ちか 照明:中川隆一 音響:市来邦比古
舞台監督:金安凌平 チラシデザイン:加藤一文 
協力:ポスターハリス・カンパニー
非戦を選ぶ演劇人の会実行委員:永井愛、渡辺えり、坂手洋二、福島明夫、丸尾聡、篠原久美子、西山水木、野中友博、関根信一、明樹由佳、くまがいマキ、中山マリ、宮島千栄、小澤浩明、清木場直子、猪熊恒和、常田景子、朝倉摂、林光、三田和代、高橋長英、加藤ちか、西川信廣、根岸季衣、松岡和子、杉浦久幸、今泉ちえこ、金安凌平、相馬杜宇、楢原拓
非戦を選ぶ演劇人の会 http://hisen-engeki.com/

Leave A Reply