白水社主催による第51回岸田國士戯曲賞の最終選考会が1月22日午後4時から、神楽坂・日本出版クラブ会館(ももの間)にて行われた結果、今回は授賞作なしと決定した。


 今回選考には岩松了、鴻上尚史、坂手洋二、永井愛、野田秀樹、宮沢章夫があたった(井上ひさし は都合により欠席)が、「ぬきんでた作品がない」との判断により授賞作なしとなった。最終選考で授賞作なしとなったのは02年の第46回以来5年ぶり。
なお、最終候補になった作品は以下の8作品 (作者50音順)
青木豪 『獏のゆりかご』(『せりふの時代』2006年秋号)
赤堀雅秋 『津田沼』(上演台本)
中島淳彦 『ゆれる車の音』(上演台本)
はせひろいち 『歪みたがる隊列』(上演台本)
東 憲司 『海猫街』(上演台本)
蓬莱竜太 『ユタカの月』(上演台本)
前田司郎 『さようなら僕の小さな名声』(上演台本)
本谷有希子 『遭難、』(上演台本)

Leave A Reply