1月26日(木)ー 2月3日(土)
三軒茶屋:世田谷パブリックシアター
評価:★★★★(Very Good)1/28(夜)所見
振付・演出・出演=ジョセフ・ナジ
出演=ギョーム・ベルトラン、イストヴァン・ビチケイ、ニカノール・デ・エリア、ーター・ゲムゾパ、ナヨッタ・カリマニ、マチルド・ラポストル、セシル・ロワイエ、ナセール・マルタン=グセ、ギョルク・ソコニ、黒田育世(BATIK)、斉藤美音子(イデビアン・クルー)、田村一行・捩子ぴじん・塩谷智司・奥山裕典(以上、大駱駝艦)
 昨年フランスのアヴィニョン・フェスティバルで世界初演された同演劇祭と世田谷パブリックシアター、フランス国立オルレアン振付センターの共同製作による作品。旧ユーゴスラビア出身で独自の美学をもつジョセフ・ナジがフランスと日本のダンサーを起用して、前衛美術家アンリ・ミショーへのオマージュとして作ったものだ。詩的でいながらパワフルでスピード感あふれるステージは、あたかもフリージャズのセッションのようなすばらしいものになった。

Leave A Reply