毎日新聞社は1日、第51回毎日芸術賞(2009年度)の受賞者を発表、演劇関係者では鳳蘭が選ばれた。また、千田是也賞には山田和也が選ばれた。


 毎日芸術賞は、1960年から毎日新聞社が行っているもので、人文分野で前年1年間の活動に対して贈られる賞。
 今年は、演劇関係者では『COCO』『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の演技で鳳蘭が選ばれた。また、優れた演出家に対して贈られる千田是也賞には『シラノ』『ラ・カージュ・オ・フォール』の演出で山田和也が選ばれた。
 演劇関係以外の受賞者は、根津美術館の設計に対して隈研吾、第9回扶桑印社展特別展示(東京セントラル美術館)・刻印集の刊行に対して關正人、小説「許されざる者」(上・下、毎日新聞社)に対して辻原登、モーツァルトのバイオリンソナタ選曲集に対して遠山慶子が選ばれたほか、句集「日常」(ふらんす堂)に至る長年の業績に対して金子兜太に特別賞が贈られる。

Leave A Reply