ロイターなどが報じたところによれば、世界的なヒット作となったファンタジー映画「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」3部作がミュージカル化される。来年3月に、カナダのトロントで初演される予定だという。


 注目の音楽は、A.R.ウェバーがプロデュースして話題を呼んだミュージカル「ボンベイ・ドリーム」を手がけたA.R.ラーマンが担当する。このほかプロデューサーは、2000年に「ジーザス・クライスト・スーパースター」のテレビ版を手がけたケビン・ウォーレス、演出は、「アート」(98年)のプロデュースで知られるマシュー・ワーカスが担当する。映画版がCGを多用したスペクタクル性の高いものだったのに対して、今度のミュージカルではトールキンの原作に近づけた作品なるという。

Leave A Reply