ステージウェブは日本のインターネット創世記にあたる1995年12月に「Active Stage Online Magazine:SKINI」としてスタートしました。日本でヤフーがサービスを開始する5か月前のことです。スタート時の内容はMODE主宰の松本修氏へのインタビューを中心に、演劇関連のニュース、公演レビュー、リンク集といったものでした。


 その後、インタビューの内容を文章から実際にインタビューした音声に、そしてQuickTimeやFlashによる動画へと常にインターネットの技術革新に合わせて進化させてきました。1998年からは独自ドメイン「STAGEWEB.COM」と従来の「Active Stage Online Magazine:SKINI」のWネームでサイトを運営。2005年からサイト名を「ステージウェブ」に切り替えています。
 これまでに取材した舞台関係者は、白井 晃、安田雅弘、平田オリザ、宮城 聰、裕木奈江、松本 修、大石時雄(可児市文化創造センタープロデューサー)、佐藤まいみ、横内謙介、土田英生・劇団MONO、流山児 祥、鄭 義信、といった方々です。
 2006年からは、ブロードバンド時代にあわせてインタビューの撮影をハイビジョンで行い、従来のFlashビデオのほかにQuickTime7.0による動画配信も行い、演劇サイトの分野でリードし続けています。
【ステージウェブサイトの運営について】
 ステージウェブは柾木博行によって編集・運営されています。
 柾木博行は演劇雑誌シアターガイドの創刊メンバーのひとりとして3年間編集部に在籍し、その後、フリーランスの演劇ライターとして活動。1995年からステージウェブの前身である「Active Stage Online Magazine:SKINI」をスタートさせました。
 これまでにシアターガイド、週刊朝日、MacJapanなどに寄稿、共著に「ステージカオス」(れんが書房新社)、「日本の戯曲III」(社会評論社)があります。また、日本演劇学会およびその分科会である近代戯曲研究会、西洋比較演劇研究会に所属しています。
お問い合わせは、 こちらへのコメントとしてお寄せください。

Leave A Reply