白水社は23日、第56回岸田國士戯曲賞の最終候補作品を発表した。今回は8作品がノミネートされており、そのすべてが上演台本。最終選考会は3月5日午後6時より東京神保町・學士會館にて行なわれる。

 第56回岸田國士戯曲賞の最終候補作品は以下の8作品(作者五十音順、敬称略)。なお、審査委員は昨年まで担当していた鴻上尚史、坂手洋二、永井愛が抜け、岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、松尾スズキ、松田正隆、宮沢章夫の7名が審査を行う。

桑原裕子 『往転』(世田谷パブリックシアター公演)
田村孝裕 『連結の子』(文学座公演)
中津留章仁 『背水の孤島』(TRASHMASTERS公演)
ノゾエ征爾 『○○トアル風景』(はえぎわ公演)
藤田貴大 『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』
(マームとジプシー公演)
前川知大 『太陽』(イキウメ公演)
矢内原美邦 『前向き!タイモン』(Mikuni Yanaihara Project公演)
山崎彬 『駄々の塊です』(悪い芝居公演)

Leave A Reply