朝日新聞社は、第4回朝日舞台芸術賞を発表した。注目のグランプリ作品には新国立劇場が制作した『喪服の似合うエレクトラ』が選ばれた。また、舞台芸術賞では、コンテンポラリーダンスの若手注目株のひとりである黒田育世が選出されたのが注目される。贈呈式は1月31日、東京・虎ノ門のホテルオークラで行われる。


第4回朝日舞台芸術賞
グランプリ(副賞200万円)


  • 『喪服の似合うエレクトラ』(制作:新国立劇場、作:ユージン・オニール、翻訳:沼澤洽治、演出:栗山民也)

舞台芸術賞(50音順)

  • 黒田育世(振付家・舞踊家)
  • 坂手洋二(劇作家・演出家)
  • 新国立劇場バレエ団
  • 長塚圭史(劇作家・演出家)
  • 野田秀樹(劇作家・演出家・俳優)

寺山修司賞

  • 近藤良平(振付家・舞踊家)

秋元松代賞

  • 宮本亜門(演出家)

特別賞

  • 森光子(俳優)

※(舞台芸術賞以下の副賞はいずれも100万円)
※現代舞踊作品の再演をキリンビール株式会社が支援するキリンダンスサポートは黒田育世に与えられる。

Leave A Reply